現在地 : ホーム衣類の便利帳家庭で出来る染み抜き方法・裏技 > 化粧品の染み抜き方法

化粧品の染み抜き方法

染みにはいろいろな種類がありますので、ここで紹介する染み抜き方法は、自己責任にて行ってください。もし、不安な方は、ファッションリフィニッシャー(染み抜き職人)にお任せください。
無料シミ抜き診断申し込みへ

※ご家庭で洗える衣類に限ります。
※必ず目立たない所で色落ちしないか試してから使用してください。
※シルクなどのデリケートな素材には処置しないでください。

 

「染み抜き棒」の作り方

染み抜き棒
一握りのワタに割り箸をさしこみ、ワタの部分をガーゼで包み込み、口を輪ゴムで止めます。この染み抜き棒があるとこの後の染み抜き作業にダンゼン役立ちます!
歯ブラシで紹介されているサイトをみかけますが、歯ブラシを使うと、繊維を傷めてしまうことがありますのでお気をつけください。

 

化粧品の染み抜き方法

※必ず目立たない所でテストを行って下さい。

準備する物

ベンジン(適量)
タオル(1枚)
染み抜き棒(1本)

染み抜き方法

化粧品のシミは何も触っていなければ、繊維の上に乗っている状態になっています。ですから、シミの表面を下にして、染み抜きしましょう。

シミにベンジンを付け、シミの面を下にしタオルに置きます。

染み抜き棒のガーゼ部分で、シミの裏から叩き出します。場所を変えながら行って下さい。
まだシミが残っていたら、メイククレンジングをつけて揉み洗いします。この時、絶対にこすらないでください。チクチクと縫い物をするようにもんでください。
最後に水でよく濯ぎ洗濯機で洗ってください。