現在地 : ホーム衣類の便利帳クリーニング(洗濯)と染み抜きの違い > ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは水を使わないクリーニングであり、水でない有機溶剤を使う洗浄方法です。溶剤は親水性がなく、油脂の溶解力に優れています。

油脂溶解力があるということは、繊維に汚れを接着させている皮脂(セロテープを肌に貼った時に白くなる様子)・空気中の排気ガスに含まれる有機物・油性物質など水には全く、またはほとんど溶けない性質の汚れを溶かして取り去るクリーニング方法です。

また親水性がないので、繊維をふやけさせたりはしません。水洗いすることで縮んだり、型崩れしたり、色が落ちたりするような衣料品(例えば:ウール・シルクなど)へのダメージを抑えた洗浄方法です。

主にスーツ・コート・ニットなど水洗いをすると型崩れが起きやすい衣類をドライクリーニングで洗います。ただし、汗やお酒などの水溶性の汚れは落ちにくいです。

汗・お酒やジュース・食べこぼし・血液など水を使用しないと落ちないものは、ドライクリーニングでは絶対に落ちません。ウエットクリーニングをオススメします。

 

主な特長

  • 水を使わないクリーニング
  • 水にまったく、又はほとんど溶けない性質の汚れを落とす
  • ウールやシルク素材などデリケートな素材の衣類に適した洗浄方法
  • 水溶性の汚れ(汗・飲物・食べこぼしなど)は落ちにくい